生産スケジューラと生産計画のフレクシェ > 製品情報 > スケジューリングシステムの構築

スケジューリングシステムの構築

FLEXSCHE導入の流れ

FLEXSCHEの導入からシステム稼動までの手順は、当然個々の事情によって異なりますが、概ね以下のような流れになります。

1.評価版による機能の確認

無料の評価版を入手し、FLEXSCHEの機能が目的に合っているかどうかをご確認ください。FLEXSCHEの評価版は、扱える最大データ量こそ制限されていますが、基本的にはすべての機能を試して頂けるようになっています。その際には是非、他社の生産スケジューラとも比較してください。実現すべきことをそれらのソフトで本当に可能なのかを十分にチェックしてください。必要とされる仕組みと一致する、あるいは連想させる機能名が機能一覧にあるからといって、必ずしもそれが実現できるとは限りませんし、その逆も然りです。実際に評価・検証してみることが重要です。FLEXSCHEを適用できるかどうか確信を持てない場合は、お取引のあるシステムインテグレーターかフレクシェ社(info@flexsche.com)までお問合せください。FLEXSCHEの柔軟性は大抵の要求に応えます。

2.FLEXSCHE GPメーリングリストへの参加

データの設定方法や使い方については、メーリングリストやOpenDayを通して徹底的にサポートします。どのようなご質問にもお答えします。

3.プロトタイピング

対象となる工場や工程を分析し、部分的なデータとルールを作成します。評価版にはFLEXSCHE Editorが含まれていますので、手早くデータを作ってその場でスケジューリングして検証して頂くことができます。評価版のデータ量制限が妨げとなる場合には、FLEXSCHEレンタルサービス(有償)のご利用をご検討ください。必要に応じてシステムインテグレーターやフレクシェ社がお手伝いします。

4.導入作業

エンドユーザー、システムインテグレーター、フレクシェ社の共同作業

システム選定後に導入作業が始まります。データ整備、周辺開発、スケジューリングルール設定など、多くの作業をこなさなくてはなりません。エンドユーザー、システムインテグレーター、フレクシェ社の三者で適宜分担して導入作業を進めます。通常の規模のスケジューリングシステム単体あれば導入期間は2~4ヶ月程度が目安ですが、個別の事情によりばらつきはあります。必要であれば、プログラミングによってFLEXSCHEを自在に機能拡張することができます。FLEXSCHEはオープンな開発環境をご提供しているので、アドイン等の機能拡張モジュールはスキル次第でどなたにでも開発していただけますが、導入する企業やシステムインテグレーターのご要望に応じてフレクシェ社でも開発を代行させていただきます。

5.マスターデータの作成または変換

導入作業の大詰めはマスターデータの整備です。まっさらな状態からデータを作成する場合は、FLEXSCHE EditorやExcelを使いますが、専用の入力支援システムを開発する場合もあるでしょう。また、上位システムにすでに基礎データが存在する場合は、そこからの変換(インポート)プログラムを開発する方法が一般的です。

6.テスト運用

稼動開始前に現行業務と並行して、作成したデータやスケジューリングルール、運用方法が妥当であるかどうかを検証します。計画精度や運用形態などに問題が見つかった場合は修正を施します。

7.実運用開始

計画立案業務の中心にFLEXSCHEを据えます。実運用開始からしばらくは、十分に注意を払って立案業務サイクルを回してください。

8.運用の改善

FLEXSCHEを日々運用しながらデータ設定やスケジューリングルールをブラッシュアップしていきます。必要とあらばプログラミングによって機能拡張することもできます。システムインテグレーターやフレクシェ社にご依頼頂くこともできますが、スキル次第ではユーザー様ご自身で作成して頂くことも可能です。

サポート体制

FLEXSCHE GPメーリングリスト
FLEXSCHE GPの利用方法に関して質問して頂くための無償メーリングリストです。フレクシェ社スタッフが迅速に回答いたします。どなたでも参加して頂けます。弊社Webページよりお申し込みください。
OpenDay(オープンデイ)
月に1度、東京のフレクシェ社オフィスを開放し、全スタッフを挙げてあらゆるご質問・ご相談に対応させて頂いています。開催予定は弊社Webページやメーリングリストを通してアナウンスします。どなたでも無償で御参加いただけます。
年間保守※
年間保守費をお支払い頂くことで、最新バージョンの製品や瑕疵修正版を随時ご提供します。プロテクトキーの物理的な故障に備えた補用品(スペア)も付属します。また、将来のオプション製品追加やアップグレードのためには年間保守を継続していることが必須です。
FLEXSCHE GPトレーニング
FLEXSCHE GPの使い方をマスターして頂くための有償トレーニングコースをフレクシェ社オフィスで実施します。2日間の講習と演習の後、希望される方はさらに1日演習を行って頂きます。
有償サポート
個別の運用やシステム構築へのフレクシェ社による各種サポートに関しては別途お見積り致します。お問い合わせください。

※FLEXSCHE購入後3ヶ月間は無償保証期間です。その後も保守を継続する場合は年間保守をお申し込みください。

ページトップへ戻る

運用サイクル

FLEXSCHEを運用するサイクルは、一般的には以下のような流れになります。生産システムの中核として情報のスムーズな流れを作り出し維持することも、生産スケジューラの重要な役割です。

運用サイクルの図

ページトップへ戻る

他システムとの接続

FLEXSCHEの入出力データは特定のデータベースに依存しない完全にオープンなCSV形式(カンマ区切りのテキストファイル)なので、容易に外部システムとの連携を確立することができます。

既存システムとのスムーズな接続を提供するXMLインターフェースを標準装備

【対応システム】
生産・販売・物流 総合フレームワーク【MCFrame】(東洋ビジネスエンジニアリング株式会社様)
※詳細はお問合せください。

ページトップへ戻る