自動翻訳によりレイアウトの一部が崩れます

生産スケジューラと生産計画のフレクシェ > 製品情報 > FLEXSCHE Editor

FLEXSCHE Editor

生産スケジューラのマスターデータ、特に工程の定義は複雑であるため、システム導入の大きな障害となっていました。グラフィカルな画面を直感的に操作してデータを作成できるFLEXSCHE EditorをFLEXSCHE GPに組み込むことで、データ作成・整備の負担を軽減し、効率を飛躍的に高めることができます。
FLEXSCHE Editorは、FLEXSCHE GPに組み込んでも利用できますし、また、単体でも実行できます。

FLEXSCHE Editor

工程エディタ

工程エディタ

工程のネットワーク構造をマウス操作で容易に作成・編集することができます。工程間のリンクに関する設定や、入出力品目や利用可能な資源の関連付けが手早く行えます。

作業エディタ

作業エディタ

作業のネットワーク構造や作業間のリンクに関する設定、利用可能な資源の関連付けを編集します。オーダーに対して個別に工程を定義する場合に使います。特に一品一葉(個別受注)生産での運用に効果的です。

テンプレート(雛形)機能

あらかじめ登録しておいたテンプレート工程定義をもとに、新たな工程グラフや作業グラフを効率的に作成することができます。製造パターンに微妙なバリエーションがある工場のデータ作成や、個々のオーダーに対してその都度工程を定義しなくてはならない金型製造のような一品一葉生産に威力を発揮します。既存のデータから自動的にテンプレートを作成することもできます。

データ編集ウィンドウ

データ編集ウィンドウ

スケジューリングに関するデータを表示・編集します。誤り検出機能やヒント機能により、データ入力を容易かつ確実に行えます。

絞込みと並び順

いくつかの条件式を予め定義することで、表示対象行や表示順をすばやく切り替えることができます。

マルチビュー

目的に応じて行や列を絞り込んだ「ビュー」を予め複数定義し、閲覧・編集することができます。ビューの上で行った編集は即座に元のテーブルウィンドウに反映されます。

キー分離

仕様・数値仕様・フラグ・コメントを業務に応じて独立したフィールドとして定義することで、効率的に編集・閲覧できます。

複数ユーザーによる同時編集

FLEXSCHE Communicator with Core/GPに複数のFLEXSCHE Editorを接続して利用することにより、複数のユーザーが別々の工程グラフを同時に編集することができます。

スキルエディタ

スキルエディタ

縦軸を資源、横軸をスキルの種別とするマトリックス状の画面から、スキル値を入力できます。この値に基づいて作業時間が算出されます。また、スキルが無ければその資源は利用不可とみなされます。

部品表エディタ

部品表エディタ

部品表の階層構造を編集するためのテーブルとその部品表の工程グラフを編集するテーブルから構成され、キーボードからの入力中心で部品表とその工程グラフを簡単に編集することができます。

ページトップへ戻る