生産スケジューラと生産計画のフレクシェ > 製品情報 > FLEXSCHEのコンセプト

FLEXSCHEのコンセプト

私ども株式会社フレクシェは2001年の創業以来、生産スケジューラを専門に開発しています。

近年の製造業をとりまく環境の大きな変化、例えば、多品種少量生産への移行、迅速な納期回答の要求、頻繁に変わる生産計画などにより、以前と比べてはるかに緻密な工場運営が強いられるようになってきています。これを実現するために不可欠な仕組みとしての生産スケジューラの重要性が広く認知され、求められるようになってきました。そしてそれに応えるために多数のパッケージソフトウェアが開発されてきました。
ただし、一口に「製造業」と言ってもその実態は多様であり、業種によって、工場によって、あるいはそれぞれの工程によって、生産スケジューラに求める機能は異なります。パッケージソフトウェアの機能だけで、本当にやりたいことを実現できるのかどうか、慎重に検討すべきです。その際、柔軟性が重要なポイントとなります。柔軟性は導入後のシステムの成長にも欠かせないものです。
また、計画担当者が日々運用していくためには、着実に使い続けていけることが重要であり、製品カタログからは読み取れない使いやすさも選択の際に忘れてはならない大切な要素です。使いにくいシステムは次第に使われなくなっていくものです。

ページトップへ戻る

私どもが開発したFLEXSCHE GPは、この柔軟性と使いやすさを兼ね備えています。

FLEXSCHE GPでは、適用対象の業種、工場、工程の事情に応じて、工程毎やオーダー毎にきめ細かなスケジューリングルールを自由に定義することができます。また、充実したモデリング力は適用の自由度を高めています。
さらに特徴的なのは、プログラミングにより標準機能の枠を超えて自由にシステム構築ができるということであり、これはFLEXSCHE固有の他にはない大きなメリットとなっています。決してブラックボックスでないということが将来への安心感にもつながります。
もっとも、FLEXSCHE GPに柔軟性があるからといって、そうでない生産スケジューラと比べて使いづらいわけでは決してありません。一般的なスケジューリングのためのデータやルールは簡易に設定できます。設定を深く突き詰めていくことで特殊なスケジューリングにどこまでも追従していくことができること、そしてさらに特殊な要求に対してはプログラミングで対応できるということこそが「柔軟性」の真骨頂です。現在および将来において、いざ特殊で複雑な状況に直面したとき、それに対応していける限りないポテンシャルを備えているということこそが、柔軟性のある生産スケジューラの大きな強みです。
ユーザーインターフェースの使いやすさと軽快さもFLEXSCHE GPの大きな特長です。さらにオプション製品のFLEXSCHE Editorを利用することで、従来生産スケジューラの敷居を高くしていたデータ作成も容易になります。

ページトップへ戻る

システムは成すべきことを実現できてこそ、初めて価値のあるものとなります。

使えないシステムに価値はありません。見かけ上の価格や知名度ではなく、あなたの工場で必要とされる要件を満たせるかどうかを十分に見極めた上で、生産スケジューラを選んでください。
"FLEXSCHE"とは"FLEXIBLE"(柔軟な)と"SCHEDULER"(スケジューラ)を組み合わせた造語です。私ども株式会社フレクシェは、生産スケジューリングという奥深い技術をひたすら追究し、本当に「使える」生産スケジューラを開発し続けてまいります。

柔軟性と使いやすさという、一見相反する2つの特長を高い次元で両立させたFLEXSCHEの底力を実際にお確かめ頂くため、 評価版CDを含む資料一式をご請求ください。

ページトップへ戻る