生産スケジューラと生産計画のフレクシェ > 製品情報 > FLEXSCHE d-MPS

FLEXSCHE d-MPS

MPSエディタ

日用品メーカーや食品メーカーのように常に需要を予測しながら生産する業種、あるいは自動車部品メーカーや電子部品メーカーのように内示情報に基づいて先行生産せざるを得ないような業種を常に悩ませ続けるのは「需要の不確定性と短期的変動」。日々の生産量と確定需要の間のギャップを埋めるための製品在庫量のコントロールは至難の業です。多数の品種それぞれについてアクセルとブレーキの巧みな操作を少しでもおろそかにすると、すぐに無駄な製品在庫が積み上がり、あるいは逆に突然の欠品が発生し、そして製造現場は変動に振り回されて混乱することになるでしょう。

需要予測の精度が低いから?在庫水準が低すぎた?製販調整会議の頻度が少ないから?問題の本質はそんなことではありません。トラブルの可能性を予見して素早く適切に対処するための仕組みが欠けていることが問題なのです。未来を正確にシミュレーションし、予測される需要量と工場による供給可能量の推移を比較・監視し、いざというときに速やかに対処することが、本来あるべき「需要の不確定性と短期的変動」との正しい付き合い方です。

また、確率的な幅を持ち日々変動する需要量をそのまま工場への要求量とすべきではありません。未来の需要量の推移を参考にしつつも、要求量を独立に決めてやることで、製造現場を混乱から守りつつ、いざ赤信号が灯ったときには速やかに対処することが可能となるのです。

過去から未来に渡って需要量と工場による供給量の推移のバランスを視覚化して正しく把握すること。それに基づいて工場への要求量を適正に決めてやること。そして工場の正確な生産能力に基づく供給量を求めること。これらは従来のMPS(基準生産計画)と製販調整プロセスに頼る業務サイクルでは、決して実現できません。

未来の需給バランスを常に監視し、過不足を予見し、速やか且つ的確に要求量を調整する・・・「需要の不確定性と短期的変動」に対処するためのそんな当たり前の、それでいてこれまでは実現できなかった製造業の切実な要望にダイレクトに応える新しい生産計画ソリューション、それがFLEXSCHE d-MPSです。

ページトップへ戻る