生産スケジューラと生産計画のフレクシェ > 製品情報 > FLEXSCHE EDIF

FLEXSCHE EDIF

生産スケジューラの導入に際して、周辺システムとのデータ連携が重要な課題となりますが、FLEXSCHE EDIF(External Data InterFace:外部データインターフェース)を利用することで、FLEXSCHEの外部データ(データベースやファイル)とFLEXSCHEのデータを容易に同期させることができます。

EDIF構成ツール

FLEXSCHE EDIFでは、付属のデータマッピングツールを使ってFLEXSCHEのデータと外部システムが利用しているデータベースを直接対応付けることができます。従来のインテグレーションでは厄介な問題であった差分データの入出力や計算式によるデータ変換機能などを標準搭載しているので、インターフェース開発のための工数が大幅に減り、データベース上で運用されるERPや生産管理システムとの連携が容易になります。

また、FLEXSCHE上の1つのテーブルをリレーショナルな形式に分離してインポート・エクスポートする仕組みも備えているため、システムインテグレーターの大部分が持っているSQLなどのデータベース操作のためのスキルを最大限に生かした効率の良い導入プロセスが期待できます。

Excel®帳票生成機能

作業指図書や入荷予定表など、さまざまな帳票をMicrosoft Excel®のファイルとして出力することができます。帳票のレイアウトや構成も普段使い慣れたExcel上でデザインします。バーコードなどを含む多階層の構造を持つ帳票をMicrosoft Excel®を使って簡単にデザインできることが特徴です。
EDIFの高度なデータマッピング機能を利用して書き出し対象となる情報と書式を柔軟に定義できます。

ページトップへ戻る